ご挨拶:理事長 西島英利

小倉蒲生病院は、昭和31年10月、現在地に精神科・神経科の専門病院として設立されました。

当時は病院と言っても精神疾患に対する治療方法が確立しておらず、収容施設的なもので退院する患者さまも少なく、家庭的な雰囲気で、ソフトボールをしたり、バレーボールをしたりと毎日を過ごしているのが現状でした。又、法律的にも精神病院は収容施設と位置付けられていて、精神病院や精神障害者の方々に対する偏見は非常に強いものがありました。この偏見を無くすために、私は誰でもがなる可能性があり、増えていく一方の認知症やうつ病の治療に積極的に取り組み、平成4年8月には認知症疾患治療病棟(当時は老人性痴呆疾患治療病棟)を建設し、平成10年4月にはうつ病治療の為のストレスケアセンターを創りました。さらに、これからの精神科病院の治療は出来るだけ短期入院とし、出来るだけ地域で生活してもらう為に、平成11年6月に精神科急性期治療病棟を開設し、現在に至っています。また、幅広く認知症の情報を地域の人たちに提供する為に、平成6年に認知症疾患医療センター(当時は老人性痴呆疾患センター)の承認を受け認知症の専門施設としても地域から評価を受けてきました。

これからも医療法人小倉蒲生病院は常に医療の質の向上を目指していきます。各職種が、病院理念に沿って連携を図り、外来~入院~リハビリテーション~地域部門へと継続された、質の高いサービスの提供及び医療安全を心掛けていきます。職員一人一人がそれに応えるべく全力をあげて努力することが、地域の皆様に選んでいただける病院となれると考えます。


医療法人(財団)小倉蒲生病院

〒802-0978
福岡県北九州市小倉南区蒲生5-5-1
TEL : 093-961-3238
FAX : 093-961-3239

http://www.kokura-gamou.jp

Minds