看護部紹介

理 念

人間のありのままを受け入れ、全人的な理解に努めて、心と体の健康回復をサポートします。

基本方針

  • あらゆる年代の方に、安心を贈る看護を提供します。
  • 専門職業人として、根拠に基づいた看護を実践します。
  • 他職種と協働・連携し、ニーズに応えるチーム医療を推進します。
  • 自己研鑽の姿勢を持ち、看護の質の向上に努めます。
  • 地域社会のニーズに応え、健康と福祉に貢献します。

ご挨拶

現代社会はストレス社会と言われる中で、私たち人間はさまざまなストレス源(思い通りにならない事柄)を抱えながら、心身の安定・安楽を求めて悩み努力しながら生きています。
  ところが、ストレスフル(ストレスの多い、精神的に疲れる)な状況が続いて日常生活のリズムが乱れると、心身のバランスが崩れ、“心の医療”が必要になることがあります。
  また少子高齢化の進む中で、お年寄り特有の症状が出はじめ、食べる・排泄する・眠るといった事が出来なくなり、ご家族の対応だけではお年寄りの心身の安定を支えることが出来なくなった場合には、“認知症の専門的医療”が必要となります。
  小倉蒲生病院では、入院医療から地域ケアまで、若い方から高齢者の方まですべての方に保健・医療・福祉の整った環境の中で、必要なサービスを上手に活用できるようにサポートいたします。
  また看護部では、教育委員会・業務委員会の活動を通じて互いに認め合い高めあう人材を育み、ポジティブシンキングで病院の理念に沿った上質な看護サービスの提供を目指し皆様の健康回復をサポートしたいと考えています。



東1病棟

東1病棟統括師長:栗原 優二

理 念

個人の人間性を理解し、入院生活や今後の方向性を共に考え、より早く社会復帰できるようサポートします。

基本方針

  • 個別性を重視し、安楽で安らぎのある環境を提供します。
  • あらゆる工夫と発想を展開し、ストレスのない環境を目指します。
  • 他部署、多職種と連携し、ニーズに合った社会資源や必要な情報を提供します。
  • 受持ち制を重視し、信頼関係の構築と、話しやすい環境を提供します。
  • スタッフ全員が技術の向上と、チームワークを常に考え、上質な看護サービスを実践します。

東2病棟

東2病棟師長:金子 慶太

理 念

1.患者様の社会復帰に必要な生活技能の向上を支援する。
2.医療事故防止・感染予防に努め、患者様の快適な療養生活を支援する。

基本方針

  • 社会復帰に向けて個別性を重視した援助
  • 社会復帰に向けて家族との関係作り
  • 看護診断・看護記録の充実
  • 原理原則に乗っ取った看護行為を行う
  • 各スタッフの看護者として、社会人としての向上
  • 病棟スタッフのチームワーク

西1病棟

西1病棟師長:梶原 安代

理 念

安全な入院生活が送れるよう環境を整え、個々人のありのままを受け入れ、根拠に基づいた看護サービスを提供する。

基本方針

  • 根拠に基づいた看護の実践を行い、看護サービスを提供する。
  • 多職種と共働し、サービスの向上と質の向上に努める。
  • 病棟内環境整備と5S運動を実施する。
  • 患者様、ご家族、スタッフが幸せな気持ちになれるような病棟を目指す。

西2病棟

西2病棟師長:村尾 正樹

理 念

患者様個々人の考えを尊重し、多様なニーズに対応した質の高い看護サービスを提供します。

基本方針

  • 患者様の精神的安定をはかり、QOLの向上を意識した看護サービスを提供します。
  • 患者様の個別性を理解し、その人らしい生活が出来るよう支援します。
  • 患者様およびその御家族のニーズに基づいた退院支援を目指します。

新1病棟

新1病棟師長:藤澤 美奈

理 念

認知症高齢者のありのままを受け入れ、安心・安楽な生活の場を提供する。

基本方針

  • 安定した生活リズムの確立
  • 情動の安定
  • 残存機能を最大限維持

新2病棟

新2病棟師長:出口 敏江

理 念

老いることを尊厳し、ありのままを受け入れ、愛着を持って応える。

基本方針

  • 日中の覚醒
  • 情動の安定
  • 残存機能の発掘・発見・保持

新3病棟

新3病棟師長:大木 真紀

理 念

心身共に疲弊している人を深く理解し、健康回復を目指す。

基本方針

  • 充分休息できる療養環境を提供します。
  • 一人一人を大切にし、受容・共感支持的態度で関わり、満足度を高めます。
  • ストレスケア病棟ならではの雰囲気作りや癒しを提供します。

外来

外来師長:加来 真弓

理 念

地域にある社会資源を活用し、地域のなかでその人らしい生活が送れるよう支援を行う。

基本方針

  • 安心して受診できる環境と雰囲気を作る。
  • 生活上の困っていることを把握し、多職種と協働、連携し、その人のニーズに対応した支援を行う。

重度認知症患者デイケア

重度認知症患者デイケア師長:加来 真弓

理 念

地域社会における高齢者の生活を支え、人生の疲れを癒す。

基本方針

  • 安心して通所できる守られた環境作り。
  • 多職種と協働、連携したリハビリテーションを提供する。
  • 御家族の介護負担を軽減していく。

精神科デイケア

精神科デイケア師長:大木 智成

理 念

地域に生活するメンバーの医療的側面の支援と、生活のいろいろな側面を支援します。

基本方針

  • メンバー(患者様)が社会生活を営む上での支援を行う。
  • 他部署との連携を図り、地域ケアの向上に努める。
  • 社会資源を有効に活用し、サービスの提供につなげる。

医療相談室

室長:御手洗 裕子

室長代理:久和 整子

理 念

患者様とご家族のニーズに応え、安心していただく相談室となる。

基本方針

  • 相談者の期待に応え、選ばれる病院として努力する。
  • 患者様を中心に、各種の医療専門職がそれぞれの専門性を活かし、お手伝いさせていただく。

医療法人(財団)小倉蒲生病院

〒802-0978
福岡県北九州市小倉南区蒲生5-5-1
TEL : 093-961-3238
FAX : 093-961-3239

http://www.kokura-gamou.jp

Minds